後裾について

ジーンズの裾を長めにされている場合、裾の生地が摩耗して破れたり、裾部分がほつれたりします。
ジーンズの後裾のリペアには、ふた通りの方法があります。

1、裾がこれ以上ほつれないように、ミシンたたきで、裾上げステッチ付近から裾まで、リペア致します。

2、裾を分解して、正常な裾に仕上げる場合

作業工程:

1,裾上げステッチ糸をほどきます。

2,アイロンで、裾を平面に整えます。

3,工房在庫の生地を後ろ裾に裏側から当ててミシンたたきで合体させます。
並びに、後ろ裾生地が弱っている部分を同時リペア致します。

4,最後に、裾上げを致します。
戻る



ご希望の方は、こちらをクリックしてお申し込みください。
【お申し込み詳細】

お申込用紙並びにお申込みからお届けまでのご説明を記載しております。


一般的なリペアリペア[前]-[後]画像|特殊裾上げ|金属ボタン打ちカンヌキ
お見積もり依頼フォームお持ち込みお申し込み詳細用語集
ジーンズリペアトップページサイトマップ