外脇の状態について

ジーンズの外側の縫製の状態には、いくつかあって、縫代の状態から、「両割」「片倒し」「巻き縫い」が代表的です。

サイズが小さいジーンズの場合、ウエストから筒状に、膝あたりまで、ミシンが入らない時は、基本時には、外側の縫い目をほどいて、その位置から、ミシンを入れて、作業をすることになります。

縫代の状態から、「両割」だと、単純に、地縫い/中縫いの糸をほどくだけでいいのですが、「片倒し」の場合は、ロックミシン糸もほどく必要があります。

「巻き縫い」の場合は、内股が、単純な縫製の場合がありますので、内股をほどいて、作業をする場合が多いようです。
戻る



ご希望の方は、こちらをクリックしてお申し込みください。
【お申し込み詳細】

お申込用紙並びにお申込みからお届けまでのご説明を記載しております。


一般的なリペアリペア[前]-[後]画像|特殊裾上げ|金属ボタン打ちカンヌキ
お見積もり依頼フォームお持ち込みお申し込み詳細用語集
ジーンズリペアトップページサイトマップ