隠しリベットについて

ジーンズの初期型は、後ポケットキワに、表側からぶち抜きで、金属の丸いリベットが打ち込まれていました。

強度の点や生産効率の点では、最適でしたが、その丸い金属が、車のシートや馬の鞍を傷つけるというデメリットがあり、その金属の丸いリベットがポケットの中に、はさまれるように隠されてしまった状態のものを「隠しリベット」と言います。

ジーンズの裏側から見ると、しっかり丸い金属のリベットの存在がわかります。ポケットをリペアする際には、この金属をミシンの送り歯で傷つけないように、厚手のテープを貼り、ミシンをかけています。
戻る



ご希望の方は、こちらをクリックしてお申し込みください。
【お申し込み詳細】

お申込用紙並びにお申込みからお届けまでのご説明を記載しております。


一般的なリペアリペア[前]-[後]画像|特殊裾上げ|金属ボタン打ちカンヌキ
お見積もり依頼フォームお持ち込みお申し込み詳細用語集
ジーンズリペアトップページサイトマップ