リペアの種類と内容

サイト抜粋の料金表
詳しいことは、下記のご説明をご覧下さい。 
穴ふさぎ(1カ所 リペア完了面積が、5cm×5cm以内:変形含む) 1000円
ステッチ 1000円 
ボタンホール1ヶ 1000円 
前中心ファスナ−取り替え 4500円 
ポケット口(1箇所につき) 2000円 
カンヌキ止め(1箇所につき)   500円
普通裾上げシングルステッチ(生地の厚みが15オンス以下) 1000円
普通裾上げチェーンステッチ(生地の厚みが15オンス以下) 1500円 
特殊裾上げシングルステッチ(生地の厚みが15オンス以下) 2500円
特殊裾上げチェーンステッチ(生地の厚みが15オンス以下) 3000円 
Dolce&Gabbanaファーストライン、特殊3,5cmステッチ上げ 3000円
金属ボタン打ち(1箇所につき) 1000円
その他、ポケット袋布破れ、内股やぶれ、後ろ裾のやぶれ
後ろポケットのやぶれ、リーバイスのアーキュエイトステッチ復活
ベルトループなど、ご希望の箇所がありましたら、お見積もり致します。

1.ひざ・おしり・股ぐりなどの生地のダメ−ジ
(やぶれ・ほつれ・穴あき・補強)



生地の裏側からダメージに応じた厚みの生地と芯地を当てて、
表側の生地の色とほぼ同色系の糸で生地の布目に沿って、縦方向にミシンをかけます。

裏側からあてる生地にこだわれる方は、生地を同封お願い致します。
(Gジャンの襟のやぶれのところも同様)


1カ所 リペア完了面積が、5cm×5cm以内:変形含む 1000円(基本料金:税別)
周辺の生地が弱っていない場合に限ります。
周辺の生地が弱っていましたら、お見積もり致します。

たとえがあまり良くないですが、
自動車のどこかをこすって、整備工場に、キズ(傷)・へこみの修理を依頼した場合、
一般的に、ダメージ部分だけでなく、面積を広げて、板金塗装をします。

リペアも近からず遠からずですが、
破れている箇所や生地が弱っている箇所のみリペアしても、
力がかかるとその周辺から、破れてくる可能性があります。
そのために、リペアする面積を広げる必要があります。
この場合は、現物を拝見致しまして、お見積り致します。



ダメ−ジの箇所に白い横糸が残っていないもしくは少ししか残っていない場合、あて布とミシンステッチだけではリペアができないませんので、その箇所をふさぐために、疑似横糸(しろも糸)と工房で用意した薄手デニムもしくは状態に応じた生地を使用します。

右の写真は、しろも糸の束と穴の大きさにカットして、デンマンブラシでブラッシング後、横糸状態にしたものです。

破れの周辺の生地の色と同色系の糸の色で、ミシンたたきで埋めるリペアをします。
なお、その位置が、糸が密集して「色が濃くなる」もしくは「色が薄くなる」いずれかになりますことは、ご了承お願い致します。

また、染色クレヨンで、ぼかすような作業をする場合があります。

2.縫製糸のほつれ・ステッチのほつれ


襟・袖口・ウエスト・股ぐり・裾など地縫い糸とステッチ糸がほどけたところをリペアします。

糸は、ダメージの状態によって生地同色系の糸を使う場合とオレンジ系もしくはイエロ−系の綿糸もしくはスパン糸を使用する場合があります。

糸自体が、インディゴデニムの染料に染まっていますので、新しい糸でかけ直す場合と染まった糸のままで固定するいずれかの方法になります。

なお、ネオバボタンやリベット付近は、ミシンの押さえ金(生地を押さえるミシンのパーツ)が引っかかってしまいますので、ぎりぎりのところまで、ミシンをかけていきます。

また、身頃と袖にライナー付きの場合は、ライナーまでブチヌキのステッチになります。(分厚くなってミシンがかけれない場合もあり)

コインポケットのリペアとステッチは、諸事情により、中止いたしました。

1カ所 1メ−トル以内 
1000円(税別)
ステッチのみかける場合です。
手作業で、縫代などを整える場合は、お見積もり致します。

3.ボタンホ−ル

ボタンホ−ルの糸のほつれをすべて手作業でリペアします。
また、ボタンホ−ルからボタン抜けを防ぎます。

特に501の前中心のボタンホ−ルは、ボタンの開け閉めが頻繁ですので、はいてるうちにボタンホ−ルがゆるくなり、自然とボタンがボタンホ−ルから抜けてしまいます。 写真は、かなり傷んだ状態のホールをボタンがかけれるように、リペアしました。

なお、縦糸横糸が消滅して、ダメージがある場合は、ミシンたたきで補強後、手作業でホールを作っていきます。
(この場合はお見積もりいたます)

ボタンホ−ル1個(ミシンたたきで補強をしないで、手作業でホールを作る場合)
1000円(税別)

4.前中心ファスナ−取り替え


ボタンフライの製品が少ないリ−やラングラ−またリーバイス505や502など前中心の壊れたファスナ−を取り替えます。

取り替えるファスナ−は、YKKのファスナ−になります。

なお、ファスナー開き止まりなどに「リベットなど」が打ってあるもの、また、前股ぐりをリペアしてあるものは、前中心部分を分解できないため、申し訳ございませんが、承っておりません。

また、ファスナー取り替えは、ジーンズの前中心のファスナーのみになります。その他のアイテムや違う箇所のファスナー交換は、大変申し訳ございませんが、承っておりません。

1カ所
ファスナ−の長さ20cm以内
4500円(税別)リーバイスのファスナー開きジーンズを基本としています。

★ジグザグステッチが施してあるジーンズは、申し訳ございませんが、専用のミシンがありませんので、対応しておりません。

「TRUE RELIGION」は、オリジナルのミシンを開発し、製造しておりますので、当工房では、現状、むずかしい状況です。

Dolce&Gabbanaのファスナー交換は、縫製仕様が複雑怪奇ですので、中止しております。

なお、 グリッパージッパーやタロンのファスナーの在庫はありません。
ファスナーにこだわれる方は、お手数おかけ致しますが、ご自身でご用意ください。

5.ポケット口


物の出し入れの頻度が多いポケット口は、前ポケット・後ろポケットに限らずほつれてきます。
また、前ポケットの袋布の破れもリペア可能です。

ポケット口の状態は千差万別ですが、裏側から補強接着テ−プを貼り、端ミシンステッチで補強します。
コインポケットのリペアとステッチは、諸事情により、中止いたしました。

1ポケットにつき2000円(税別)
→現物を拝見してお見積致します。

■ポケットの袋布の修理が必要な場合には、お見積いたします。

6.その他

何なりとご相談ください。ミシンとアイロンを使ってできるものは、
なんでも取り組んでいきたいと思います。お見積りいたします。

裾上げ
シングルステッチは、1本左右で、1000円で承っています。
チェーンステッチは、1本左右で、1500円で承っています。

なお、裾上げ寸法が少なく、裾をほどく必要がある場合は、ほどき代左右で、500円別途かかります。

■特殊裾上げ行っています。

通常の裾上げを『普通裾上げ』

「裾のアタリやダメージを残した」裾上げを『特殊裾上げ』

と名称を区別させていただければと思います。
詳しいことは、下記の画像をクリックして、専用のページへ移動お願いいたします。

■ネオバボタン(金属ボタン)打ち、承ります。

ジーンズの前中心、ウエストネオバボタン、比翼の中のネオバボタン
を打ち、行っています。(その他の箇所も代用できれば大丈夫です)

ネオバボタンが取れて、ご不便を感じていらっしゃる場合は、
この機会に、ご利用ご検討のほどよろしくお願いいたします。
詳しいことは、下記の画像をクリックして、
専用のページへ移動お願いいたします。

リペアとリメイクの違い

リペアとは、ほつれたところ、穴があいたところ、ステッチがほどけたなど、これ以上ダメージが広がらないようにする作業です。

リメイクとは、たとえば、穴があいたところに裏側から白い生地を当てて、白い糸で、ミシンをかけたりする作業です。
具体的には、ドルチェ&ガバーナのジーンズは、「リメイク」の代表的な例です。

たとえば、これまでに、

ポケット袋布破れ

内股やぶれ

後ろ裾のやぶれ

後ろポケットのやぶれ

リーバイスのアーキュエイトステッチ復活

ベルトループ

などを手がけてきました。

なお、「トゥルー・レリジョン」及び「トゥルー・レリジョン」タイプの
ジーンズは、大変申し訳ございませんが、行っていません。
理由は、トゥルー・レリジョン含んで、ステッチミシンやカンヌキミシンは、
特別に開発されており、工房で対応出来ないためです。
ただし、ステッチをしないでいい「ヒザ」「お尻」のやぶれや補強は可能です。

★特に、リペアが不可能に近い製品のものがあります。

製品に、シリコンコーティングやコーティングなど、表面加工が施されているものは、ミシンがまったく進まなかったり、ミシンの押さえ金の跡や送り歯の跡がつきますので、
上記に類するものは、大変申し訳ございませんが、リペアが、不可能に近いです。


ジーンズは、ある意味では「生き物」で、1本1本表情が違います。
それと同じく、リペア箇所も、同様です。

「相談しても、断られるかもしれないなぁ」
とお悩みの場合は、一度メールや画像をお送りください。
一緒に最善の方法を考えましょう。

リペアご検討の方は、【お問い合わせ・お見積もり依頼】から、スタート下さい。

その際、希望される場所と状態
また、穴や破れたところの周囲の生地の状態
そして、どういう風なリペア(ミシンたたきなど)を希望されているかを
主に教えてください。
→説明がむずかしいようでしたら、画像と簡単なコメントでかまいません。

また、ご予算もあるかと思いますので、値段がかかりそうだなと
思われましたら、ご依頼される点数を少なくしたり、
1着の中の箇所を少なくするなど、あなたご自身で調整のほど
よろしくお願い致します。

リペア後の着用と洗濯について

リペアした箇所は、ほぼ破れませんが、
リペア時、想定することが、むずかしいのですが、
その周辺の生地が将来的に破れてくる可能性があります。

それは、

1,ビンテージもの(製造年数が約40年以上前)
2,現行品でも、着用頻度が多く、生地が傷んでいるもの
3,生地が、たとえばリーバイス501現行品に比べて薄いもの
4,バイオ加工が施されているもの
バイオ加工(中古加工)は、薬品で生地を酸化させて、
ジーンズ生地全体を中古加工する工程。
見た目は、普通の生地ですが、縦糸と横糸の繊維が、
バイオ加工で非常に弱くなっています。
5,汗や汚れで、生地が酸化します。

着用頻度や着用環境、体型、立ち仕事か座り仕事、
自転車やバイクに乗るなど、個人々、生活習慣が違うように、
着用も同様です。

ゆえに、
周辺の生地が破れてくる場合は、技術の優劣ではなく、
生地自体に問題があります。

生地に関しましては、リペアの技術では、
防ぐことができません。
ゆえに、周辺の箇所が破れた際は、
購入されたお店もしくは製造メーカーへ
「リペアした周辺の生地が破れた」
と、直接ご相談お願い致します。

なお、リペアを施した周辺が破れてきましたら、
現在の箇所に継ぎ足して、当工房で
リペアすることは可能です。
→ご縁がありましたら、現物を拝見して、お見積もり致します。

あと、洗濯される場合、
洗濯機での洗濯は避けて、タライなどで手洗いしてください。
→洗濯機を使うと施した周りから、生地が裂けてくる可能性があります。
→やむを得ず、洗濯機を使う場合は、裏返しにして、
洗濯ネットに入れて、短時間で、洗濯をすませてください。

ご安心下さい。お見積もりご依頼やお申込みは、
むずかしくありません。とても簡単です。

 サイトを簡単に、ご覧になり、
無料の日本全国対応
お問い合せ/お見積もり依頼
から、まずは、スタート下さい。
お見積もり依頼に、お時間が割けない方は、ジーンズ等を
ご送付下さい。到着後、お見積もりを差し上げます。
当工房からご連絡致しますお見積金額が合わない場合は、
ご安心下さい。佐川急便元払いで、ご返送いたします。
技術の値引きは、大変申し訳ございませんが、承っておりません。
お見積り箇所をご確認され、取捨選択の上、ご検討お願い致します。

リペアご希望の方は、
お申し込み詳細
から、お申込み下さい。


ジーンズクリニック
(株)ソフトハウス責任者:柴田一弘
〒151-0064東京都渋谷区上原2-39-4
TEL 0354780950
不在の時や工程負荷がある作業中は、
お電話が、不通の状態になっています。

一般的なリペアリペア[前]-[後]画像特殊裾上げ金属ボタン打ち
カンヌキお見積もり依頼お持ち込みお申し込み詳細用語集
ジーンズリペアトップページサイトマップ

ページトップへ戻る