ネオバボタン(金属ボタン)打ち

ボタン取れてませんか?

ジーンズの前中心、ウエストネオバボタン
比翼の中のネオバボタン打ち行っています。
(その他の箇所も代用できれば可能です)

ネオバボタンが取れて、
ご不便を感じていらっしゃる場合は、
この機会にご利用のご検討のほどよろしくお願いいたします。
(上記の写真は、リーバイス503B復刻版で、ネオバボタンを打ち直しました)
 



ポケット口の「リベット」を打つ設備並びに「スナップボタン」を打つ設備は、
大変申し訳ございませんが、導入しておりません。

オリジナルパーツは、大変申し訳ございませんが、不可能です。
ディオールの前中心ウエスト打ち込み「前カン」やドルガバやアルマーニなど、オリジナルの金属パーツの損傷は、直接、直営店へ、ジーンズ持参されて、ショップスタッフに、ご相談お願いいたします。
また、たとえば、リーバイスから、ボタンを入手することも、困難です。
(他のブランドも同様)

ネオバボタンの種類

モニター環境によって、実際の金属ボタン(ネオバボタン)と色が異なる場合がありますので、ご了承お願い致します。

シルバー文字入りネオバボタン

(写真向かって左17mmウエスト用、向かって右14mm比翼用)



アンチックゴールド文字入りネオバボタン

(写真向かって左17mmウエスト用、向かって右14mm比翼用)



黒ニッケル文字入りネオバボタン

(写真向かって左17mmウエスト用、向かって右14mm比翼用)

シルバー無地ネオバボタン

(写真向かって左17mmウエスト用、向かって右14mm比翼用)



アンチックゴールド無地ネオバボタン

(写真向かって左17mmウエスト用、向かって右14mm比翼用)



黒ニッケル無地ネオバボタン

(写真向かって左17mmウエスト用、向かって右14mm比翼用)



1,金属ボタン(ネオバボタン)は、2ヶのパーツを
合体させて、1個のボタンとして成り立っています。

2,現在、2ヶのパーツが分離している場合は、
そのボタンは、残念ですが、元に戻せません。

★オリジナル必須の場合は、購入されたお店
もしくは、そのアイテムの製造メーカーへ
直接お問い合わせ下さい。

3,「購入されたお店」や「製造メーカー」
で、むずかしい場合は、
工房在庫の直径17mmもしくは14mm
のボタンを打つことが出来ます。

単純に、ボタン付け位置が、ダメージもなく、正常な場合。

■17mmネオバボタン
最初の1ヶに付きーーー1000円(税別)
2個目から、500円(税別)

■14mmネオバボタン
最初の1ヶに付きーーー1000円(税別)
2個目から、500円(税別)

生地が弱っている場合は取れた箇所をミシンたたきで補強して、
上記、ご希望のボタンを打ち込みます。
ーーー1500円/1ヶ(ミシンたたき込み)

4,2ヶのパーツが分離していない場合は、
取れた箇所をミシンたたきで補強後、
目打ちを使って、ボタンを入れ込み、
手作業で、表/裏から、太い糸を使って、
ボタンを生地に絡ませます。
ーーー2000円/1ヶ(ミシンたたき込み)

ただし、デニム生地が、
たとえば、リーバイス501現行品くらいの厚みがないと、
手作業でボタンを固定しても、ボタンが抜ける可能性があります。
また、デニム生地が伸び縮みする素材の場合、ボタンホールに引っ張られて、
手作業でのボタン付け位置が伸びてしまって、ボタンが抜ける可能性があります。




打ち込むネオバボタンの種類ですが、種類のご希望がありましたら、
お申込用紙に、「赤ペン」でご指示お願いいたします。
ご希望がない場合には、一番馴染むネオバボタンをセレクトいたします。

その他

17mm以上の直径のネオバボタンと14mm以下のネオバボタンには、
大変申し訳ございませんが、対応しておりません。

前中心以外で、上記のボタンで代用できる箇所は、承っています。

 
ご安心下さい。お見積もりご依頼やお申込みは、
むずかしくありません。とても簡単です。

 サイトを簡単に、ご覧になり、
無料の日本全国対応
お問い合せ/お見積もり依頼
から、まずは、スタート下さい。
お見積もり依頼に、お時間が割けない方は、ジーンズ等を
ご送付下さい。到着後、お見積もりを差し上げます。
当工房からご連絡致しますお見積金額が合わない場合は、
ご安心下さい。佐川急便元払いで、ご返送いたします。
技術の値引きは、大変申し訳ございませんが、承っておりません。
お見積り箇所をご確認され、取捨選択の上、ご検討お願い致します。
リペアご希望の方は、
お申し込み詳細
から、お申込み下さい。

ジーンズクリニック
(株)ソフトハウス責任者:柴田一弘
〒151-0064東京都渋谷区上原2-39-4
TEL0354780950
不在の時や工程負荷がある作業中は、
お電話が、不通もしくは通話中の状態になっています。