D&G特殊裾上げ

購入直後の気分で、穿きこなせます!

通常の裾上げを『普通裾上げ』

「裾のアタリやダメージを残した」裾上げを『特殊裾上げ』

と名称を区別させていただければと思います。

ドルチェ&ガバーナファーストラインには、製品として、大別しますと、
「約1cm〜1.5cm」のシングルステッチ裾上げと
「約3,5cm〜4cm」シングルステッチ裾上げの
2種類のジーンズがあります。

『特殊裾上げ約3,5cm〜4cmシングルステッチ上げ』
に関しましては、3000円で承っております。

『普通裾上げ約3,5cm〜4cmシングルステッチ上げ』
に関しましては、2000円で承っております。
→裏側の裁ち端をロックミシンで処理後、約3.5cm〜4cm幅のステッチをかけます。

現在の裾上げが、「約1cm〜1.5cm」のシングルステッチ裾上げの場合は、
特殊裾上げシングルステッチ(ステッチ幅:約1cm〜1.5cm:2500円)で承ります。

作業工程

1.裾部分
出来上がりの状態に、本体と裾のパーツを切り分けます。

その後、現状の裾のステッチをほどいて、縫代を整理して、本体に、
カットした裾のパーツを接ぎ合わせていきます。

ご依頼を希望される裾上げ寸法の指示は、

・股ぐり交差点から、何cmが出来上がり位置
→股ぐり交差点から計り方には、計る方の個性が出ますので、

・裾から何cmが出来上がり位置←こちらの方が明確です。

ご自身で出来る裾上げ位置指示の参考例:

1、ご自宅などどこかの場所に姿見鏡もしくは鏡を立てかけます。
2、その前に、不用な新聞紙を広げて敷きます。
3、ジーンズを穿きます。
4、ジーンズに着こなす靴を履きます。
5、裾上げ先端位置を決め、安全ピンやヘアピンや洗濯ばさみなどで、仮固定します。

ジーンズショップで、行っている方法のご家庭版です。

裾上げの寸法は、最低3cm弱から可能です。(3.5cmステッチ上げの商品の場合)

ミシン糸は、基本的に、裾上げステッチをほどく前の状態の
20番手(太番手)の綿糸もしくはスパン糸を使用いたします。
なお、薬品などで中古加工した製品は、糸自体、褪色したり、変色したりしていますので、
糸のセレクトは、こちらにお任せいただけませんか?

■ドルチェ&ガバーナファーストライン(『特殊裾上げシングルステッチ』3000円(税別))
3,5cm〜4.5cmステッチ上げ(品番などによって、ステッチ寸法が異なります) 
*シングルステッチとは、下糸付きのミシンを使用した裾上げの方法です。
表側も裏側も普通のステッチ縫い目になります。

2.裾上げ済みの状態

特殊な裾上げのため、写真のように、つなぎ目に多少の段差ができます。
→一番上の画像がわかりやすいです。
なお、間近でじっくりと見たり、直接触れたりしない限り、ほとんどわかりません。

3.特殊裾上げがむずかしいもの・できないもの

すでに、裾に縫代がない状態のものは、特殊裾上げは、不可能です。
また、裾にファスナーが付いてるものは、受注を控えさせていただいております。

ドルチェ&ガバーナは「品番」よって、縫製仕様や元の裾上げの状態は、千差万別ですので、
特殊なものは、画像添付の上、ご相談下さい。お見積もり致します.。
e-mail:softmix@dh.catv.ne.jp

これは、ドルチェ&ガバーナの商品ですが、裾のステッチが、「0番手」という太い糸で縫われています。工房では、「0番手」を含む一桁台の太い糸には、ミシンが対応しておりません。また、特殊裾上げをするために必要な「縫代」に、ステッチがかかっています。

「特殊裾上げに必要となる裾のパーツとなる部分に縫い代までぶち抜き」で、
・ステッチ糸でぶち抜き
・特殊な糸のステッチ
・オリジナルのスタッズ
・オリジナルの刺繍
・その他オリジナルの飾り
が施してあるジーンズは、技術的に、不可能です。

また、
・製品に、シリコンコーティングやコーティングなど、表面加工が施されているものは、ミシンがまったく進まなかったり、ミシンの押さえ金の跡や送り歯の跡がつきますので、

また、
裾の裏側がパイピング始末のものは、特殊裾上げが不可能ですので承っておりません。

上記に類するものは、大変申し訳ございませんが、特殊裾上げは、不可能です。

4.その他

デニム以外(別珍・コーデュロイ・綿パン等)の「普通裾上げ」「特殊裾上げ」は、
中止しております。ミシンたたきのリペアも中止しております。
理由は、当工房のジーンズ専用ミシンと生地との相性が良くないのか、
ミシン糸が目立って、きれいに見えないと言うジレンマが、
開業当時から、私自身の中にあったからです。

チェーンステッチの「チェーン状」が「表側」にでる、「普通裾上げ」「特殊裾上げ」は、
中止しております。
理由は、通常の工程とまったく異なり、「チェーン状」の糸が切れる可能性があるからです。

「トゥルー・レリジョン」及び「トゥルー・レリジョン」タイプのジーンズは、
受注することが困難です。
理由は、トゥルー・レリジョン及びそのタイプのステッチミシンやカンヌキミシンは、
特別に開発されており、工房で対応出来ないためです。


[Nudie Jeans]は、裾上げ工程の複雑さがあり、また、オレンジのステッチ糸が、
日本国内では、合う糸が入手できません。→近い色も、現在困難です。

裾上げした後に、裾に「ダメージ加工/中古加工」を施して欲しいというご依頼が、希にありますが、当工房には、「設備」がありませんので、大変申し訳ございませんが、承っておりません。

裾上げ後の余った生地は、原則としまして、着用されて、右前ポケットの中に入れています。

★特殊裾上げを再度やり直す場合
指示頂いた寸法で特殊裾上げをしております。ただし、まだ、ご依頼様のご都合で、まだ丈が長くて、
再度、特殊裾上げする場合は、裾の帯状のパーツをほどく時間がかなりかかります。
たとえば、ノーマルな状態の特殊裾上げは、1本あたり、約1時間かかります。再度の特殊裾上げは、
ほどく時間・帯状のパーツの整えなどの作業のため、1本あたり、約2時間弱の時間がかかります。 ゆえに、ほどき代プラス1000円をお願い致します。また、当工房以外で、特殊裾上げされたものをやり直す場合も同様です。


リペアご希望の方は、
お申し込み詳細
から、お申込み下さい。