ダメージを活かしたリペア

切れた横糸をつなぐこと、または、復元することは、その生地を織った織物工場でも不可能ですので、生地の疑似しろも(しつけ糸:横糸代わりにする)を使って、ダメージを活かしたリペアを施します。

リペアご検討の方は、【お見積もり依頼】から、スタート下さい。
リペアご希望の方は、【お申し込み詳細】から、お申込み下さい。

 過去に、ご依頼頂きましたお客様のジーンズ、前後の画像です。
ダメージを活かしたリペアです。箇所は、膝です。
穴の裏側から、生成の疑似しろも(しつけ糸:横糸代わりにする)と裏側からベージュの生地を当てて、ミシンの糸の間隔を空けて、ベージュの糸で、ミシンをかけ、最後に、周囲を周辺のデニム色と同色系の糸で補強しています。
リペアの「形」は、リペアするジーンズによって、千差万別です。正方形もあれば、長方形もあり、台形、円形、変形、、、。

 過去に、ご依頼頂きましたお客様のジーンズ、前後の画像です。
箇所は、左前膝です。ミシン糸で完全に埋めないで、ミシンの糸の間隔をあけて、ダメージが見えるようにリペア致しました。

 過去に、ご依頼頂きましたお客様のジーンズ、前後の画像です。
箇所は、左前膝です。「ダメージ箇所」は、リペアしないで、その周辺をデニム同色系の糸で補強しています。
ダメージが見えるようにリペア致しました。

 過去に、ご依頼頂きましたお客様のジーンズ、前後の画像です。
箇所は、左前膝です。破れの裏側から、ベージュの生地を当てて、ミシンの糸の間隔を空けて、縦方向にかける糸は、周辺の生地の色に近い色の糸を使用しています。
わざと、横糸が見えるようなダメージを活かしたリペアをしています。リペアの「形」は、リペアするジーンズによって、千差万別です。正方形もあれば、長方形もあり、台形、円形、変形、、、。